×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラウンジリザードとは

ラウンジリザードはデザイナー八重樫学と東郷達也からなるドメスティックブランドでテラード、ミリタリー、な感じの現在通販などでとても人気のあるファッションブランドです。このラウンジリザードの立ち上げは、98年にブランドのショップがオープンされたようです。ブラックカラーが主体のフィット感のあるタイトなデザインのTシャツやシャツ、ジャケット、デニム、パンツetcなどが多いのが特徴的です。今風のブーツなどもありトータルに洋服をコーディネートできてしまうのが魅力的ですね。取扱店も北海道、東京、名古屋、大阪etcと沢山ありますが、本店になっているのは、東京のようです。大人の魅力をひきたたすようなシンプルであまりかざりっけがなく素材や着心地で勝負しているブランドのようですね。海外では、ラフシモンズやニールバレットを感じてしまうデザインといえばわかりやすいのではないでしょうか。最近ではミリタリージャケットにオリジナル要素をたしたブルゾンやジャケットをよくみますね

ラウンジリザード取り扱い店

ラウンジリザードは、全国のセレクトショップやファッション通販サイトなどで主に販売されているようです。なぜか一緒に販売しているショップに多いのがロエン(roen)ロアー(roar)が非常におおいような気がします。よくよく考えてみるとタイトなディテールやブラックカラーが主体なところを考えるとなんとなくですが似ている気もしますね。自分の友達にもロエンやロアーが好きでよく着てる人がいるのでラウンジリザードをしっているかたずねてみようと思います。とはナンバーナインなんかともよく似ている気がしますね。全部日本のブランドですが、海外でも人気のでそうなクオリティーの高い製品がたくさんあるのが特徴ですね。ラウンジリザードは現在では百貨店などでの取り扱いショップはないようですね。今後店舗数が増えていくことが期待のファッションブランドです。個人的にはアクセサリーも拘りを感じることができてお気に入りです。

ラウンジリザードの拘り

個人的におもうのが、どんな洋服にもすんなり合わせられてしまうシンプルさがとてもいいと感じます。まさに大人になってからこそ着こなすことのできるファッションブランドと言う感じですね。最近自分が注目しているのがラウンジリザードのデニム(ジーンズ)です。拘りのあるビンテージ加工やダメージ、ウォッシュなどとてもリアルにビンテージ感がでていて、とてもひきつけられてしまいます。テーラードジャケットやタイト(細み)なパンツも今風でとてもよいのですが、昔からデニム(ジーンズ)ばかりはいていたせいか今でもよく履く事がおおくなっていて、アウターでもっているものといえばジーンズばかりです。Tシャツも斬新なグラフィックのなかにシンプルさを感じる控えめなデザインが多くとても自分好みの洋服がみつかるので新作がでるのが楽しみなブランドだと思います。タイトめなデザインのブランドが好きならベストなサイズのファッションアイテムがたくさんそろうのが自分の中では今はラウンジリザードなのかな

Copyright © 2007-2012 ラウンジリザード知っ得情報